株式会社三十三総研
各部お問い合わせ先

三十三総研オフィシャルサイト:mie_keizaijyoukyou.gif



三重県の毎月の経済動向についてレポートしております。


三重銀総研オフィシャルサイト:201507.gif

2022年5月31日
詳細版はこちら(PDF形式)
 
1.総括判断
景気の現状〜厳しい状況にあるものの、持ち直しの動きがみられる〜
  依然として厳しい状況にあるが、海外経済の回復もあって企業活動や輸出は堅調に推移しており、持ち直しの動きがみられる。
当面の見通し〜世界経済を巡る不透明感は依然として強く、海外需要が下振れれば、景気持ち直しのテンポは弱まる見通し〜
  中国における感染再拡大やロシアのウクライナ侵攻の長期化など、世界経済を巡る不透明感は強く、海外需要が下振れれば、景気持ち直しのテンポは弱まる見通し。
 
2.家計部門
個人消費〜サービス支出を中心に弱い動きがみられる〜
  大型小売店販売額(全店ベース)は、11か月振りの前年比増加
住宅投資〜一進一退〜
  住宅着工戸数は、4か月振りの前年比増加
観光〜上向きつつある〜
  県内施設延べ宿泊者数は、3か月連続の前年比増加
雇用・所得〜持ち直している〜
  有効求人倍率(季節調整値)は、2か月振りの前月比上昇
 
3.企業部門
企業活動〜持ち直している〜
  鉱工業生産指数は、13か月連続の前年比上昇
企業倒産〜悪化しつつある〜
  倒産件数は、3か月連続の前年比増加
設備投資〜持ち直しの動きがみられる〜
  非居住用建築物着工床面積は、2か月連続の前年比減少
 
4.海外部門
輸出〜持ち直している〜
  四日市港通関輸出額は、13か月連続の前年比増加
 
5.公共部門
公共投資〜一服〜
  公共工事請負金額は、3か月振りの前年比減少
 
6.その他
物価〜上昇している〜
  津市消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、3か月連続の前年比上昇
   


バックナンバー

2022年度

2021年度

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度
 

2006年度
 

2005年度
   

2004年度
 

株式会社三十三総研 調査部
〒510-0087 三重県四日市市西新地10-16
TEL:059-354-7102 FAX:059-351-7066
mail:33ir@33bank.co.jp

アドビ社
※ 三十三総研レポートをご覧いただくにはアドビアクロバットリーダーが必要です。アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、上のアイコンをクリックしてアドビ社のサイトよりアクロバットリーダーを入手して下さい。


PAGETOP
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三十三総研までお願いします。
Copyright San ju San Institute of Research,Ltd. All rights reserved.