株式会社三十三総研
各部お問い合わせ先
経営者アンケート


年2回、三十三ビジネスクラブ会員を対象としたアンケートを実施しております。

2021年4月12日

三重銀総研オフィシャルサイト:bar201503.gif

    厳しい状況にあるものの景況感は改善

    詳細版はこちら

    • 要約
    • 景況感を示すD.I.値は4半期連続のマイナスとなるも、マイナス幅は縮小し6半期ぶりに改善した。先行きについて、2021年度上期はマイナス幅がさらに縮小する見込みとなっており、経営者の景況感は改善する見通しである。売上高のD.I.値は、製造業、建設業、非製造業とも改善した。利益状況のD.I.値は、製造業、建設業、非製造業ともに改善した。設備投資を「実施した」企業の割合が3半期ぶりに増加したほか、雇用状況を「不足」とみる企業の割合が4半期ぶりに増加した。
    • 県内景気
    • D.I.値は4半期連続のマイナスとなるも、マイナス幅は縮小し6半期ぶりに改善した。先行きについて、マイナス幅がさらに縮小する見込みとなっており、経営者の景況感は改善する見通しである。
    • 業界景気
    • 製造業、建設業は4半期連続、非製造業は6半期連続でそれぞれD.I.値はマイナスとなるも、いずれもマイナス幅は縮小し、製造業は5半期ぶり、建設業は4半期ぶり、非製造業は6半期ぶりに改善した。先行きについて、建設業、製造業、非製造業ともマイナス幅がさらに縮小し改善する見通しである。
    • 自社の業況
    • 製造業、建設業、非製造業とも売上高、利益状況のD.I.値は改善した。先行きについて、製造業は売上高がプラスに転じるほか、利益状況はマイナス幅が縮小し改善する見通し。建設業は売上高、利益状況ともマイナス幅が拡大し悪化する見通し。非製造業は売上高、利益状況ともマイナス幅が縮小し改善する見通しである。
    • 経営判断
    • 設備投資の実施状況をみると、「実施した」企業の割合は3半期ぶりに増加した。雇用状況は、「不足」とみる企業の割合が4半期ぶりに増加した。
    • 2021年度上期の展望
    • 「プラス要因が強い」とみている企業の割合は前回調査に比べ増加し、「マイナス要因が強い」とみている企業の割合は減少した。「どちらとも言えない」と見ている企業の割合は増加した。
    • 特別調査〜業務のデジタル化の取組について〜
    • 業務のデジタル化の取組について、約半数の企業が概ね10年前と比べて「かなり進んでいる」「まあまあ進んでいる」、残りの半数の企業が「あまり進んでいない」「全く進んでいない」と回答した。業務のデジタル化が進んでいない要因について、デジタル化が「あまり進んでいない」または「全く進んでいない」と回答した企業の約6割が「自社の事業がデジタル化に不向き」と回答した。業務のデジタル化によって改善や高度化を図る経営課題について、「業務の効率化」と回答した割合が最も高く7割を超える企業が回答した。業務のデジタル化に取り組む上で望む支援等について、「補助金・助成金利用などの財務面へのアドバイス」と回答した企業の割合が最も高く約5割の企業が回答した。

     

     

    • 【景気判断D.I.グラフ】
      景気判断D.I. グラフ
    • (注) D.I.(ディフュージョン・インデックス)値
    •     「良い」(増加など)の割合−「悪い」(減少など)の割合。

     

    • バックナンバー
    • 第49回結果(2020年度上期景況実績と下期見通し)
    • 第48回結果(2019年度下期景況実績と2020年度上期見通し)
    • 第47回結果(2019年度上期景況実績と下期見通し)
    • 第46回結果(2018年度下期景況実績と2019年度上期見通し)
    • 第45回結果(2018年度上期景況実績と下期見通し)
    • 第44回結果(2017年度下期景況実績と2018年度上期見通し)
    • 第43回結果(2017年度上期景況実績と下期見通し)
    • 第42回結果(2016年度下期景況実績と2017年度上期見通し)
    • 第41回結果(2016年度上期景況実績と下期見通し)
    • 第40回結果(2015年度下期景況実績と2016年度上期見通し)
    • 第39回結果(2015年度上期景況実績と下期見通し)
    • 第38回結果(2014年度下期景況実績と2015年度上期見通し)
    • 第37回結果(2014年度上期景況実績と下期見通し)

     

    • お問い合わせ先
    • 株式会社三十三総研 調査部
    • 〒510-0087 三重県四日市市西新地10-16
    • TEL:059-354-7102 FAX:059-351-7066
    • mail:33ir@33bank.co.jp

アドビ社
※ 三十三総研レポートをご覧いただくにはアドビアクロバットリーダーが必要です。アドビアクロバットリーダーをお持ちでない方は、上のアイコンをクリックしてアドビ社のサイトよりアクロバットリーダーを入手して下さい。

PAGETOP
このホームページに関するご意見、お問い合わせは、株式会社三十三総研までお願いします。
Copyright San ju San Institute of Research,Ltd. All rights reserved.